だらだら嫁の雑記

'96年うまれ 312ヶ月イタリア男児と15ヶ月男児と3人家族。育児、netflixを主に国際恋愛やいろいろなことを語る雑記です。

ペーパーハウス シーズン3

昨日待ちに待ったペーパーハウスシーズン3が解禁に🎉🎉🎉🎉🎉

 

解禁された瞬間に見て、深夜2時頃全て見終わりました🤣🤣🤣

 

さすがにまだ見終わってない人が大半だろうし、ネタバレはしませんが…

やっぱりよかった😭❤

 

物語にそこまで関わることではなさそうなのでこれだけ言いますが、パレルモはゲイなんですけど、パレルモがベルリンと教授の旧友であるとわかるところあたりから、この人はベルリンのことただの親友として見ているわけではないだろうなと嗅ぎ分けておりました🤣🤣

そして、見る前から「ベルリンがいない今、シーズン3で生きてるメンバーの中だったら間違いなくパレルモが推しになるだろう」と思ってましたが、ビンゴ⭕

パレルモにどハマリしそう🤣

いや、ベルリン兄さんにはかなわないけど!

 

やっぱり教授はすごいし、モニカかわいいし、ナイロビかわいいし、トーキョーとリオは相変わらず足手まとい(笑)

 

モニカ、めちゃくちゃ板についてて笑っちゃいました😂

トーキョーとナイロビは最初から犯罪者ですが、モニカはそうではないので優等生が犯罪者になった点ではギャップがあり、もえます。

 

見事にプロパガンダにやられていますね。

まあドラマだし、犯罪者が主役なのでどうしても彼らを応援したくなりますよね。

人間、主役を応援したくなるものなのですよね。

海外の実際あった脱獄のVTRとかも、脱獄犯を主役に描かれてるのでどうしても応援してしまうんですよね〜。

仮にこれが警察が主役だったらもちろん警察を応援したくなるわけです。

もちろん事件に遭った人もいますし、応援してはいけない相手なんですが、身近のことでないとついつい現実とは思えなくてドラマ感覚で見てしまうんですよね。

 

ペーパーハウスも、もし警察が主役なら間違いなく警察を応援してるはず。

まあ警察が主役になると、ストーリーがかなり変わりますけど🤣

 

話は戻りまして、

第6話あたりで、収束に向かってる感じがするんです。

なんだ、あっけないな、面白くない。

最終話の前半で、無理やり終わらすのかな?つまんな。

と思いましたが…やっぱりシーズン4に続くようで✨

 

楽しみすぎるーーーーー!!!

実写版「リトル・マーメイド」キャスト

「リトル・マーメイド」のアリエル役キャスト発表されましたねー。

 

まず簡潔に、第一印象としては「ない、絶対にない、ありえない」です。

わたし、差別主義者ではありませんよ

むしろアフリカルーツの女優さんやモデルさんで好きな人もいるし、白い肌より濃い肌が好きです。

でもビジュアルって大切じゃないですか?

「ビジュアル気にしてる時点で差別じゃん」と言ってる人もちらほらいるんですが、違うでしょ

例えば黒人であるティアナを白人が演じると違和感しかないし、ポリネシアンのモアナを白人が演じるのも違和感しかないし、ムーランを白人が演じるのも違和感です。

違和感どころか絶対に「ホワイトウォッシュだ!!!」と騒ぐ人が出てくるんですね。

じゃあなぜ逆は許されるのか?

完全にポリコレ意識しすぎですね。

行き過ぎたポリコレは炎上のもとです。

平等目指すなら逆差別になりかねないことは避けるべきです。

もとのキャラが黒人なら黒人を起用すべき、アジアならアジア、白人なら白人、中東なら中東。

「ビジュアル気にしてる時点で差別」って…

いやいやキャラのビジュアル大事だよね?

ビジュアル気にしてる=差別がなりたつのは、新作の主人公が黒人なことに対して「黒人が主役だなんて見栄えが悪い」とかそういうことを言ったときに成り立つわけで、

もとのビジュアルとかけ離れてることが気になるのはアニメーション版のファンとしてはなんらおかしくないですよ。

 

多様性意識するなら、新作アニメーションでも出せばいい。

なぜわざわざリメイクの実写でもとのキャラビジュアルを大幅に変更する必要があるのか。

そして、黒人がかつて差別を受けてきて、いまだに差別されることもあるということを受けて、ポリコレとして黒人起用なのだとしたら、

地毛が赤毛の白人起用でもよかったのでは?

赤毛だって差別を受けてきましたよ。

 

そもそもアリエルは人間ではないので人種は関係ないとか言ってる人もいるんですが、ファンが気にしてるのはあくまで

もとのビジュアルからかけ離れてること

であって、人種はどうでもいいんですよ。

ちなみに、「海底に住んでいて日の光を浴びないのに肌が黒いってどういうこと」「海底に住んでるから日の光関係ないじゃん」という意見もありました。確かにww

あと親が子どもから「なんでアリエルの肌が黒いの?」って質問されるだろうなって意見も。

確かに若干返答に困るなw

これが完全新作なら「いろんな人がいるのよ」って旨の説明でいいけど、なにせこれにはオリジナルバージョンがあって、白い肌に赤い髪に青い瞳のアリエルが定着しているなか、わざわざ黒人起用の説明って子どもには難しいでしょうねw

 

 

最近のディズニーポリコレ意識しすぎなんですよね。

私が大絶賛してるアラジンもそうです。

でもなぜ受け入れられるかって、ビジュアルは忠実(それどころかもとのビジュアルよりキレイ)だし、あくまでオリジナルに基づいてるから。

南アであるインドルーツを持つナオミの起用にたいしては、インドは中東じゃないと批判してる人がいますが、アラジンの舞台は中東文化とインド文化を混ぜたような感じなので(宮殿なんて完全にタージマハル意識ですよね)インドルーツの彼女の起用はそこまで批判することではないと思います。

てかアラジンでやたら中東系にこだわって人選難航してたのって、中東系選ばないとホワイトウォッシュだって言われるからって理由もあると思うんです。

じゃなあなんでその逆は許されるのかって話です。

 

アリエル役のハリー・ベイリーさんは歌声が素晴らしく、ミュージカルパートについては期待大です。

どれだけ素晴らしい歌声かというと、日本語吹き替えで歌う人が気の毒になってしまうほどにはスゴイですww

ジャスミンを演じた木下晴香さんですら、歌詞のせいもあってかナオミには及ばない感じでしたが…

誰がアリエルの吹き替えするのか気になりますねw

 

あくまでディズニーのポリコレ意識しすぎなことを批判してるだけであってハリーの批判ではありません。

彼女が純粋に、アリエルが好きで、私もアリエルを演じたいと思ってくれていて、「夢がかなった」と言っているなら、それはもう純粋におめでとうと言いたいし、応援したい。

 

もとのアリエルが大好きなだけに(リトル・マーメイドがディズニー映画で一番好きで、アリエルが一番好きなキャラです)なかなか受け入れ難いとはいえ、差別反対の一人間としては期待したい映画です。

 

※黒人白人という呼称に拒否反応する方もいますが、色が違うことは明確で、特に差別とも思わないし、他に呼び方なにがあるの?って感じなので黒人白人と表記しています。

ブラック、ホワイトって言ったって結局黒人白人と変わらないし。

看護婦→看護師は理解できるけど。

実写版「アラジン」4DX&吹き替え感想

先程実写版「アラジン」のレビューをしました🧞‍♂️

 

字幕版の後日、4DX(吹き替え)見てきたので、その感想も👌🏻

 

4DXの感想

スゴイのひとこと!

事前に4Dのレビューは見ていたのですが(アラジンではない作品)、こぞって「予想以上に動く」と書かいてあったので、予想以上に動くらしいということはわかっているものの、その予想以上が果たしてどの程度なのか。

わくわくしながら向かいました。

 

本編始まる前にガタガタっと動き出して、何だなんだと思っていたら…

めちゃくちゃ動くやーん!!!

そして予想以上に水かかるやーん!!!

聞くより体感しろってな感じなのか、4Dではこんなことが起こりますよっていうのを全部詰め込んだ4DのCMというか、そんな感じの映像が流れるんです。

本編よりあれのインパクトがすごかった😂

USJ来たことある人はわかると思うんですけど、エルモやシュレックの4Dなんか比ではなく、ハリーポッターのアトラクションに近い動きをします(笑)

 

もちろん、本編も4Dがあるとさらに臨場感があってよかったです✨

字幕版は特別音響で見たので、それだけでも普通の映画より臨場感がありましたが、4Dはもっとスゴイ👏🏻👏🏻

 

アラジンとジャスミンが街を逃げ回るシーン、洞窟でジーニーと出会う前の、抜け出そうとするシーン、ホールニューワールドは特に圧巻です👌🏻

 

友だちから「砂漠のにおいするらしいよ」と聞いてたのですが、砂漠というか湿布のニオイがしました🤣🤣

 

あと足元から出てくる風、吹き矢のごとく痛い🤣🤣

 

砂漠、もとい湿布のニオイだけではなく、スパイスのにおいとかしたらもっと良かったな〜と思います。

 

プレミア厶吹き替え

プレミア厶吹き替えってのはなんなのか、

普通の吹き替えって歌はそのままオリジナルバージョンを使うらしいのですが、ディズニーのはオーディションをくぐり抜けた、演技も歌もバッチリな方たちがやってるので歌も日本語でやりますよってことでプレミア厶吹き替えと言われてるらしいです👌🏻

 

吹き替え版、山ちゃんがジーニーと聞いてテンションあがりました🧞‍♂️

彼はアニメ版のほうでもジーニーを好演していたし、ウィル・スミスの吹き替え担当です。

もうジーニー役になるべくしてなった感じです😳

アニメ版とは違う人が演じ、新しく作り上げたジーニーをどんなふうに演じてくれるのか期待大でした🤭

これで他の人がジーニーやってたら、全くジーニー感のない吹き替え版になっていたかもしれません。

ただでさえウィル・スミスが演じることでジーニーのキャラクターに変更が加わってますし。(いいアレンジでしたが)

山ちゃんが演じることで、しっかりジーニー感出てました🧞‍♂️

 

中村倫也さんに関しては、私、あまり日本のドラマを見ていないもので、なんとなく知っているだけだったので演技力がどんなものかも知らないし、もちろん歌える人だとは知らなかったので「へー、この人できるの?」って思ってましたが、めちゃくちゃ適役でした✨

吹き替え版も見に行ってよかった〜!と思わせてくれました🤗💕

 

ジャスミンの木下晴香さんはとにかく歌唱力がスゴい!!!

主に舞台で活躍している女優さんなので、全く聞いたことのない名前で、吹き替えキャストが発表されたときには「誰?」というのが率直な感想でしたが、美しい声でジャスミンを演じてくれました😍

ただし、個人的にはオリジナルのスピーチレスに比べると迫力が劣っているような感じがしましたが…

そもそも日本語版の歌詞がイマイチ…

というかどの歌も日本語版の歌詞がビミョーなんですよね。 

違和感のないよう、口の動きに合わせて歌詞を作ったらしいのですが、なにせ歌詞が音に合っていないことが多くて。

少し残念でしたね。

 

ジャファー役の北村一輝さん、ピッタリでしたね!

アニメ版のジャファーだと絶対合わない、ちょっと妖艶な感じの声が、実写版のイケメンジャファーにはピッタリでした🤗

北村さんの顔の濃さなら実写版に出演できたんじゃないかと思います←

 

吹き替え版、歌詞に違和感はありますが、

中村倫也さんがかなりアラジンでよかったです(語彙力)

 

DVD買ったら多分毎日、字幕版と吹き替え版交互に見ます(笑)

実写版「アラジン」感想 ※ネタバレあり

1週間ほど前に実写版「アラジン」見てきました🧞‍♂️

 

実写版「アラジン」のレビューをオリジナルを振り返りながらしていきたいと思います🙆🏻‍♀️

 

と、その前に。

私、物心つく前からディズニー映画とともに育ってきました。

1番好きなプリンセスはアリエルで🧜🏻‍♀️

私の中で不動の1位👑

 

アラジンも、OVAやアニメシリーズ含め何度も何度も見ました👌🏻

 

そんな生まれながらにディズニーファンの人間ですが、すべての作品を無条件で大好きなわけではなく、以前実写化された「美女と野獣」「シンデレラ」は好きじゃないわけではないのですが、特別好きでもないという感じで、実写化もフーンてな感じ、

劇場には行っておらず、国際線飛行機の中で見ました🤣

 

元々が特別好きなわけではなかったので実写版にも特に感動することなく…

シンデレラに関しては個人的に髪型がオリジナルのものとは違いすぎて受け付けませんでした😐

美人さんなんですけどね。

 

ベル役のエマ・ワトソンはとってもキレイでしたね🤗💕

召使いたちが本物の家具になってしまうところは泣きました😂

あれは実写ならではの表現の仕方ですね。

 

さて、実写版「アラジン」。

 

キャストとキャラクター像

発表されたときから、どんな感じになるのか楽しみで、ウィル・スミス出演と発表されたときには、ますます楽しみになりました。

 

さらにアラジン役、ジャスミン役発表。

ジャスミン役のナオミ・スコット、めちゃくちゃ好みのお顔立ちで(私はエスニックな顔立ちが大好きです笑)とっても美人。

ぶっちゃけオリジナルのジャスミンをはるかに超えるレベルだと思ってます😂

 

アラジン役のメナ・マスードは発表されたときの写真があまりよくありませんでしたね(個人的に)。

特に髪型がエライことになっておりまして😂

イメージと全然違うけど、特に「本当に大丈夫なのか」と怪訝に思うこともなく、公開を楽しみにしていました。

 

ジャスミン︰ナオミ・スコット

ディズニープリンセスのキャラクター像は時代とともに変化してきました。

王子様が現れるのを夢見ている白雪姫、愛するエリックと過ごすために海の世界から抜け出すアリエル。

このように待つだけのプリンセスから自分から動くプリンセスへと変化していきました。

ジャスミンは後者です。

が、やはり現代女性と比べるとオリジナルの彼女もまだまだ外の世界に憧れを持ちつつ自分からたいした行動をとっているわけではありませんでした。

それが実写版では、国民を愛し、国民のためによその国の王子ではなく自分がサルタンになりたいと強く思っており、そのために声をあげる強い女性として描かれています。

街に出たのも、ただ外に出たかったというよりは、愛する国民のリアルな生活を見て感じたかったという感じがします。

 

アラジン︰メナ・マスード

アラジンのキャラクター像は特に変わっていません。

無名の若手俳優であるメナが初々しいアラジンにピッタリだった印象です👌🏻

オリジナルでは特に変化はないのですが、実写版では街でのシーンのアラジンは長髪(とはいえロン毛なわけではないですが)、アリ王子になって以降は髪が短くなって整えられています。この変化がいいなと思いました。

これはメナの元の髪が少し長かったことから、このような変化をつけることになったようです。

 

ジーニー︰ウィル・スミス

見事に話題をかっさらっていきましたね😂

もちろん実写化にあたって、ジーニーをドウるのか、一抹の不安がありました(笑)

完全CGかと思っていましたが、ウィル・スミス出演と噂を聞き、半信半疑。

青いウィル・スミスの写真が出回ったときは誰かのイタズラかと思いました😂

しかしウィル・スミスはベテランで、演技ももちろん素晴らしい。

彼がどんなジーニーを作り上げるのか期待していました。

結果、彼は見事に新たなジーニー像を作り上げていました🧞‍♂️

オリジナルではただ自由になりたいと願うジーニーでしたが、今回の実写では「人間になりたい」と願っています。

オリジナルでも、アラビアンナイトを歌う商人とジーニーはなにか密接な関係があると囁かれていましたが、今回はそれを利用した作りに。

 

ジャファー︰マーワン・ケンザリ

ウィル・スミスの次に話題になった方です(笑)

ジャファーのくせにイケメンすぎると騒がれました(笑)

しかし、「オリジナルと全然違う💢」となることはなく、こちらも新たなジャファー像を作り上げました。

設定が追加されており、彼も昔アラジンのように貧乏のコソ泥だったが努力で現在の国務大臣という地位を手に入れたという設定に。

2番目であることに異常コンプレックスのようなものを抱き、国王になるという強い願望を持っている野心家です。

オリジナルでは、国王になりたいという思いとともに、ジャスミンを手に入れたいという様子も伺われましたが、実写では「小娘は黙ってろ」てな感じでジャスミンに興味ありません。

 

サルタン︰ナヴィド・ネバーガン

オリジナルでは、小さくてぽちゃぽちゃしていて、おつむの弱そうな、ジャスミンにも強く出れない感じのキャラクターでしたが、今回はしっかり国王感が出ていました。

実写となると、リアリティが出てきますし、王様があんなキャラクターではいかんのでしょう。

ジャファーに任せたほうがいいんじゃね?となってしまっては物語が破綻してしまいますからね(笑)

 

ダリア︰ナシム・ペドラド

実写オリジナルのキャラクター、ダリア。

ジャスミンの侍女であり親友的な存在です。

後にジーニーと恋に落ちます。

 

余談ですが、アラジンといえばインドとアラブ文化を混ぜたような世界観で、サルタンとジャファーはターバン巻いてますよね👳🏽‍♀️

インド=ターバンのイメージが定着してますが、実はターバン巻いてる人は少ないです。

なぜなら、インドはヒンドゥー教が主で、

ターバン巻いてるのはシク教という少数派。

脱線してしまうので他の詳細は割愛しますが、シク教がターバン巻いてるのは、体の毛を切ったり剃ったりしてはいけないという宗教的理由から、邪魔な長髪をまとめるためにターバン巻いているのだそう。

 

気になる物語は?

序盤に商人ではなく航海人(ウィル・スミス)が出てきます。

妻であろう人と2人の子どもたちとともに航海中。

子どもに歌(アラビアンナイト)でお話を聞かせてあげるところから物語はスタートします。 

この歌、もとの歌詞から少々変更されています。

中東=野蛮というイメージが付着してしまうのはよろしくないですからね。

特に差別反対なこのご時世で天下のディズニーが中東を野蛮な場所だとしてしまうのはマズいです。

 

そしてアラジンの逃亡劇。

オリジナルではアラジンのソロ逃亡で「ひと足お先に」が歌われますね。

実写版では盗みを働いたアラジンが逃げている間にジャスミンも(故意ではないものの)盗みを働いてしまいます。

こちらも、アラビアンナイトの歌詞変更同様、アレンジがはいります。

オリジナルでは、盗みを働いたら腕を切るんだと、商人がジャスミンの腕を取り刀?包丁?を振りかざしたところでアラジンが止めに入りますが、そんな描写野蛮すぎてマズい。

ということで、腕輪でチャラにしてやるよと言って腕を取るシーンに変更。

そこにアラジンが割って入ります。

そして二人で逃亡するんです。

(オリジナルでも二人で逃げてますが、ひと足お先にのところはアラジンのソロシーンでしたよね。)

このアレンジがよかったです✨

今まで宮殿から出たことのないジャスミンが宮殿から出て、はじめて会った青年と共に逃亡劇を繰り広げるんです。

これはジャスミンが「私なら国王になれる」という自信に繋がる出来事であり、吊り橋効果のようなもので、あの一度の出会いでアラジンに惹かれてしまう理由としても充分です。

 

オリジナルではこの逃亡劇の後、結局捕らえられてしまったアラジンは牢屋に入れられます。

そこに老爺に化けたジャファーが現れ、ランプを取ってくる代わりに自由にしてやると交換条件を出すんですね。

対して実写版では、アラジンはアブーが盗んでしまった(お宝に目がくらんで盗んだのか、アラジンとジャスミンを再び引き合わせるためだったのかは分かりませんが)ジャスミンの母の形見であるブレスレットを返すという名目で宮殿に忍び込みます。

それを見ていたイアーゴ。

ジャファーに報告し、ジャファーは「あいつならランプを取ってこれる」と、目をつけます。

無事ブレスレットを返しますが、去り際にジャスミンの髪飾りを取って「明日はこれを返に来るよ」と約束を取り付けて帰ろうとしているところを衛兵に捕らえられて、砂漠に連れて行かれます。

そこでジャファーからランプを取ってこればジャスミンに釣り合う金持ちにしてやる、と条件を持ちかけられ、洞窟に入ります。

 

この後のジーニーとの出会いのシーンは特にオリジナルからのこれといった変化はありません。

 

さてジーニーと出会い、フレンドライクミーのシーン!

実写版のフレンドライクミー、素晴らしかった😍

ダンスの一部は吹き替えが入っているのでメナ本人がすべて行ったわけではないのですが、なんにせよダンスがすごいんです✨

 

アリ王子となったアラジンは、召使いたちを引き連れてジャスミンに求婚しに宮殿へ。

ここのシーンがまた豪華ですごいんですよ!

やっぱり実写のほうが断然迫力があってスゴイ!!!

 

そしてここからが私のお気に入りポイント😂

サルタンとジャスミンにご挨拶のシーンですが、アラジンが盛大にやらかします(笑) 

持ってきた贈り物を紹介するのですが、やたらジャムに執着するためジーニーに「いい加減ジャムから離れろ」と言われます。

様々な贈り物を紹介した後、ジャスミンに「それと引き換えに何が欲しいのですか」と聞かれ、「君だ」と答えます。

ジャスミンは「私は売り物だと言いたいのですか?」と聞くのですがそれに対して「もちろん」と答えてしまうアラジン😂😂

とにかくこのギャグシーン、本当に面白くて劇場でも笑いが起きました(笑)

 

やらかすアラジンですが、優しすぎるサルタン、アラジンに「今夜収穫祭があるので君も参加したらどうだ」とお誘いしてあげるんですよ😭😭😭笑

普通娘が売り物扱いされたら憤慨してつまみ出しますよ(笑)

 

収穫祭のシーン、インド映画ぽくて素敵でした。

ジーニーの計らいもあり、ジャスミンに接近した(物理的に)アラジン、贈り物のシーンでのことを弁解しようとするのですが、ジャスミンに「踊りたい?いいわよ」と遮られ、ダンスシーンへ。

アラジンはもともとインドと中東のミックスだと先程も書きましたが、ここはかなりインド感強め。

素敵とはいえ、舞踏会のようなロマンチックなダンスではなく、インド舞踊風で盛り上がるダンスシーン。

もちろんアラジンはダンスなんてできませんのでジーニーに操られてるだけなのですが、調子に乗りすぎてジャスミンは去っていきます。

 

部屋に戻ったアラジンはジーニーに助けを求めますが、ジーニーは俺たちは友だちじゃないと断ります。

ここが寂しいですね。

オリジナルでは出会ったときからジーニーはアラジンのことを友だちのように思い、愛称としてアラジンをアルと呼んでいましたが実写でこれが消されてたのが唯一残念な点かも😗

 

ところでジーニーは侍女のダリアにひと目惚れしており(ダリアもジーニーにひと目惚れしていました)、それを利用するアラジン。

侍女がいてはジャスミンに近づけないので、ダリアを連れ出すように頼みます。

ダリアのことが気になっているジーニーは快諾。

ダリアを誘い出すシーンも面白かったです🤣

 

そしてジャスミンの部屋に忍び込み、ホールニューワールドのシーンの始まりです。

オリジナルでは世界一周してますが、現実的に考えてあの短時間で世界一周は無理があるし、時差もあるのであのシーンがずっと夜というのはあり得ないので、実写ではアグラバー周辺を飛び回っただけとスケールが小さくなっているにも関わらず、魔法の絨毯で空を飛ぶシーンは壮大で圧巻でした。

二人のキスシーンは、オリジナルでは絨毯の計らいで起きたアクシデントとなっていますが、今回は絨毯に後押しされて自らキスをしたシーンになっていて、ロマンチック感が増し増しに❤

 

さて、アリ王子の正体に気づいているジャファー、アリ王子を捕らえます。

椅子にくくりつけて

「本当にアリ王子なら死ぬ、助かったならランプを持っているということだ(お前は王子ではなくアラジンだ)」と、海に突き落としました。

 

落とされる前にランプを取って絨毯に飛び乗ってたアブー🐒

絨毯とともにアラジンを助けようと、ランプを海に投げ入れます。

(ランプ投げるよりも、落ちる手前でキャッチできないの?😂)

オリジナルでは、アラジンの手がランプに触れ、ジーニー登場!

願い事をしてくれないと助けられないといいつつ、アラジンの首がカクンとなったのを「今のはOKということだな!?(助けることを二つ目の願いとして使うことに対して)」と、アラジンを助け出しますが、

実写では契約書にアラジンの手を使ってサインして、助けるというシーンに。

オリジナルでも実写でも、このシーンはジーニーが本当にアラジンのことを友だちと思っているのが伝わってくるシーンです。

ジャファーとかなら見殺しにされていることでしょう。

 

いよいよラストシーンに。

ランプを手に入れたジャファー、国王になってしまいます。

忠実な衛兵ハキームは、国務を全うする=国王に忠実に仕えるということで、ジャファー側についてしまいます…が、

スピーチレスのシーンが入り、

(鳥肌が立つぐらい素晴らしいです)

ジャスミンにより、一瞬でサルタン側に戻ります。

 

国王という名だけでは誰もついてきてくれないと知ったジャファーは、偉大な魔法使いにしてくれと願い、ジャスミンと結婚すると言い出します。

阻止しようとしたダリアと、娘はお前にはやらん!と反抗したサルタンを魔法で捕ら苦しめます。

ジャスミンは結婚するから今すぐ辞めなさい!と一喝、ジャファーとの結婚式がスタート。

 

オリジナルでは、このジャファーのと戦うシーン、ジャスミンがジャファーの気を引く演技をしてキスまでしてしまいます😱

オリジナルの気持ち悪いジャファーだからこそ成立するシーンであって、実写のイケメンジャファーでは絵面的に美味しい感じになってしまうだけだからか、この描写は採用されず。

 

ジャスミン、誓いの言葉の最中にジャファーの腰についていたランプを奪って飛びおります。

(こんなことするくらいなら死んでやると思ったのか、アラジンが来てくれると信じていたのか、後者だと思いますが、アラジン最果て地に飛ばされていたのによく信じたな…てかこれはもうアラジンよりも魔法の絨毯の活躍です)

イアーゴが絨毯の後を追います。

ジャファーは追っているイアーゴを魔法の力で大きな鳥獣に変えます。

追いかけっこしてる間にサルタンがジャファーの魔法の杖を落として破壊し、イアーゴは元のサイズに。

しかしランプはそのまま奪われるし、ジャファーの杖は復活。

ジャファーが嵐を起こし、魔法の絨毯は破れ、アラジンたちは宮殿に飛ばされます。

そして最後の願いへ。

とんちをきかせたアラジンの計らいでジャファーはジーニーと同じくランプの魔神となってしまい、ランプに閉じ込められます。

 

アラジンは最後の願いでジーニーを自由に。

そして、ジャスミンとサルタンに嘘をついていたことを謝罪し、宮殿を去ります。

一方サルタンはジャスミンに、「国王になれ、国王なら法律を変えられる。いい青年じゃないか。」と言います。

宮殿から出てトボトボ歩くアラジンを引き止める声。

ジャスミンです。

「やっぱりこれはまずかったかな?」とジャスミンの髪飾りを取り出すアラジン。

ジャスミン、「捕まらなければ大丈夫」と言ってアラジンにキスをします。

そしてめでたく結婚💒

 

という流れ。

 

結婚式のシーンは一瞬でしたが、最後のエンドロールでしばらく結婚式のダンスシーン(ジャスミンとアラジンはあまり出てきませんが)が繰り広げられるのですが、これまた豪華で素敵😳💕

 

まとめ

ベースは変えずにところどころアレンジが入っている実写版「アラジン」、オリジナルよりも壮大でリアリティがあり、ビジュアルも最高。

個人的にはオリジナルより実写版のほうが好きです。

非の打ち所のない作品になっていると思います。

映画そのものが好きなのはもちろん、メナにどハマリしてしまいサントラとパンフレット買いました🤣🤣🤣

DVDも、予約開始したらすぐに予約する予定です🤭

 

ちなみに後日、4DXも見てきたのでその感想も書きたいと思います✨

 

 

 

ペーパーハウスのニュートレーラー

ニュートレーラー出ましたね!!!
日に日に公開日が近づいていてワクワクしてます😚😚😚

私の予想では、捕らえられたメンバーは、
①ベルリンが実は生きていて捕らえられた
②島に特捜隊的なのが入ってきて捕らえられた(ポンコツのトーキョーかリオやろ)

→やはりおこちゃまリオでしたね〜🙂
なにやってんだよお前!!!!とツッコみたい。

てかニューキャラのうちのひとり、アルトゥーロに似てません?www
アルトゥーロちょっとカッコよくしたみたいなwww

車から降りてくるシーンでモニカもラケルもばっちり強盗団らしく登場して胸熱&笑っちゃいました

個人的にはラケルの娘の行方と、モニカの子ども誰に預けてるのかが気になります。
(だって、強盗してくるから子ども見ててねとか親に言えないよね?wwwどんな理由つけて預けたのかな…)

というか今回も強盗なんでしょうか?

モニカが銃を構えてる写真も出ていましたね。

ニューキャラのアルトゥーロ似の人と教授とベルリンのつながりが気になります。

サッカーの試合風の写真のメンバーにはベルリンもいて、赤い服着てたけど、ベルリン復活を示唆してるの、、?
だってベルリンだけ「死んでも仲間!」とか、
モスクワとオスロが浮かばれないよ、、

ダイエット

突然ですが私の人生でピーク時の体重、73キロ😧😧😧

9ヶ月の留学中に10キロ近く太りました😧😧😧

アイルランドに留学していたのですが、アイルランドにはテスコという大手スーパーがあります(イギリスでも展開されてる)

そこに売ってるラップ(トルティーヤで具材包んだやつ)がめちゃくちゃ好きすぎて毎日毎日食べてたんですよ…
あと学校の近くのアジア料理のテイクアウトショップのパッタイが美味しすぎてしょっちゅう食べてて…
それが太った主な原因と推測😬
(あとほぼ毎日お酒飲んでたな)

10キロ増って本当にヤバイんですが、これでも学校まで徒歩40分ほどで行ける、他の生徒に比べるとかなり学校まで近いところにホームステイしてたのでほぼ毎日徒歩で登校下校してたんです。
歩いてなかったら多分もっと太ってた。
怖すぎる。

帰国して、4ヶ月で10キロ痩せました。
ほぼ断食。
でも健康害さなかったしリバウンドもしてません。
(危険らしいのでやめましょうね)

妊娠中に7キロほど増加したけど、それは子どもの体重、胎盤、羊水、血液で増えただけで肉は増えてない様子でした。(バカみたいに食べてたのにな)

産後退院する頃には妊娠前より体重ちょっと減ってて、産後1ヶ月2ヶ月で妊娠前より7キロほど減ってました。

最初は食べ物が母乳に影響する説を信じてたし、
同居してる母がうるさいので、ガミガミ言われてもめんどくさいから食生活気をつけてたけど、夏頃から甘いものなど食べ始め、母乳量(めちゃくちゃ出てたのでそのぶんカロリー消費してたんだろうな)が安定してきたのもあって体重減らなくなりました。
むしろ少し増えて57-58キロに。

冬に無事正月太り、一瞬60超えたけど脂肪になるまえに改善。
今ずっと57-58あたりで止まってます。

体重は今はそこまで気にしてなくて、筋トレで引き締めるのに力入れてます💪🏻

細いだけの身体に魅力感じないので、細すぎず引き締まった身体を目指して毎日筋トレ中です。

ナルコス

ペーパーハウス見たあとはナルコスイッキ見してました🔫

シーズン1,2しか見てませんが…
シーズン3はカリ・カルテルの話、そしてメキシコ編なのでとりあえずパブロ・エスコバルの話だけ、と思って。

ドラマとしては非常に面白かったです。
悪魔のような男にも人間らしさがあったことを描いたことや、パブロ・エスコバルが徐々に力を失っていくのをうまく再現されていました😃

でも、過去の現実を伝える手段としては、パブロ・エスコバルを美化しすぎだと思います。

そしてコロンビア、現在では他の中南米諸国と比べて比較的安全な国に成長しているらしいですが、まだまだ麻薬戦争時代のイメージがこびりついていますね…
コロンビア人的には、ナルコスがそれを助長しているようで嫌なんだとか。

そしてやはり、やることが残酷すぎて…
ところどころイライラするところも多々🙂

「罪なき家族を巻き込むのか!」とか言ってますけど種巻いたのあんただからね。何言ってんの?としか言えない😐😐

自分のこと棚に上げて政府やら敵対勢力を批判してるのが個人的にとてもイライラしました🤨

しかし彼、頭がきれるし、暴力で抑圧し始める前から手下が忠実に懐いてるのはきっと人望があったのでしょう、犯罪行為さえなければ彼が大統領を務めるコロンビアは今頃アメリカのような先進国になっていたのではないかと言う人が多々いるのも納得です。

パブロ・エスコバル以外だとリモンにイライラ(笑)
勝手に幼なじみ巻き込んで幼なじみちゃん命狙われ、うまいこと騙してカリージョを死に追いやる事態に…
カリージョの死で泣きました😭😭
(彼もまあまあやること酷ですが、それはもうパブロ・エスコバルたちの自業自得なのでね…)
そして最終的には娘の目の前で幼なじみちゃんを殺害するんですよ…とんでもないやつ💢

あと、犯罪って見逃した人も同罪とか言うので、家族もなんらかの罪に問われないの?とずっと思ってたのですが…どうなんでしょう。

パブロ・エスコバルの妻タタ役の女優さんがとってもキレイで、ナルコス見てる中で唯一癒やされます(笑)

あとパブロ・エスコバル役の俳優さん、元は痩せてたそうですが、撮影のために増量したそうです!
撮影中もどんどん増量、初回と最終回では全然体型違うんですよ😃
そして彼はブラジル人でスペイン語は話せなかったそうで、半年ほどコロンビアの大学で外国人向けのスペイン語コースを取ってスペイン語を学んだそうです🙌🏻

女性は好まない人が多いかもしれないですが、面白い作品なのでぜひ💫